FC2ブログ

群青の羊

ただ好きなことを。本と音楽と声と猫と、その他諸々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

9月読書まとめ。  


もう10月なの?!

早い!早すぎる!!

あと2ヶ月で年末なの?!


・・・・って別にだからって、これといって何もなかったわ。


さて。9月の読書まとめでござるます。


今月は目玉がいっぱいありすぎて、
百目状態(笑)

そういえばいぬぼく新刊まだ読んでないや。

その中でも、特にあげれば・・・


花降楼シリーズ!

そして、JUNON!!!(大爆笑)


いや~~萌えた萌えた(*´∀`*)


では追記からどうぞ。




2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:32冊
読んだページ数:5959ページ
ナイス数:1519ナイス

となりの怪物くん(12) (デザートコミックス)となりの怪物くん(12) (デザートコミックス)感想
ああー!良かった!3年生の一年間は駆け足だったけどセリフが無い分、これまでこの子達が築いてきたあの楽しい雰囲気がちゃんと想像できて凄く良かった。卒業式の答辞でウルッときた私も大島さんと同様凡庸な人間(笑) その後のハルと雫がラブ過ぎてこっちまで幸せ。夏目とササヤンの関係も動いたようで何よりだ!雫の誕生パーティーで見せたあのヤマケンの笑顔とエンドロールで顔も出てないのに漂うあの色気!もう!!
読了日:9月1日 著者:ろびこ
青空エール 13 (マーガレットコミックス)青空エール 13 (マーガレットコミックス)感想
もう、死因「キュン死」でいいよ。大介のあの真っ直ぐな目が凄く性格表してて良い!告白後のメールとか城戸やひまりちゃんへの報告とか、こっちまで顔覆いたくなる位キュンキュンする!お互いに目標を持ってて、励まし合える関係は友達同士でも出来るけどそれが好き同士ならパワーが何倍にも増幅される。全国メンバー発表の後の教室でのやり取りはとにかく胸が痛い。その後の大介の束縛発言や嫉妬発言にまたキュンキュン!まるちゃんともまたより一層絆も深まって良かった。また次巻が気になってしょうがない。
読了日:9月1日 著者:河原和音
総司 炎(ほむら)の如く (文春文庫)総司 炎(ほむら)の如く (文春文庫)感想
新撰組三部作の完結編。剣に生きる総司の物語。病が発覚してからの総司の焦燥と仲間を失っていくやるせなさが胸を打つ。特に芹沢を打つ場面、油小路の変、そしてラストは心が痛かった。ストーリーは他の二編の補完という印象。
読了日:9月4日 著者:秋山香乃
家出のじかん家出のじかん感想
鴨居さんの目には普通に映る人っていないんじゃないかな?(笑) 視点が私とは違うからいつも新しい世界を見せてくれる。この観察眼が作品に如何なく発揮されてるから、鴨居さんの描く漫画は面白い。
読了日:9月4日 著者:鴨居まさね
黒子のバスケ 23 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 23 (ジャンプコミックス)感想
あぁついに海常との決着がついた。最後はやっぱり黒子が持っていくんだ。黄瀬の涙にもらい泣き。過去最高に緩んだ黒子の顔見たいわー(笑) んで、帝光中学編スタート。キセキの中学生姿が可愛くてたまらん。特に青峰と真ちゃんが!
読了日:9月4日 著者:藤巻忠俊
ハイ☆スピード!(KAエスマ文庫)ハイ☆スピード!(KAエスマ文庫)感想
これは油断した!涙腺緩んだ!小学六年生という少しずつ自立した考え方が出来る様になってくる時期に出会った4人が、4人で見た景色。Free!の補完のつもりで読んだんだけど、これだけでも十分楽しめた。こうやって大きくなって来たんだなー。
読了日:9月6日 著者:おおじこうじ
できちゃった男子 ハネムーン編 (スーパービーボーイコミックス)できちゃった男子 ハネムーン編 (スーパービーボーイコミックス)感想
前巻よりも甘度増して大変結構です。ご馳走様です。飛翠のトラウマは根が深いね。隆介と波留日のラブもっと来いっ!!
読了日:9月6日 著者:御景椿
できちゃった男子 ハングリー編 (スーパービーボーイコミックス)できちゃった男子 ハングリー編 (スーパービーボーイコミックス)感想
友のヤキモチ編と言うか、雨降って地固まる編?デート良いなぁ。夫婦になったらデートってしないからなぁ。良いなぁ(笑)イケ好かない今野が最後の最後でアララ(笑) 隆介と波留日、隆介の男前もっと見たい~!
読了日:9月7日 著者:御景椿
Yellow 1 (ビーボーイコミックス)Yellow 1 (ビーボーイコミックス)感想
読友さんからのオススメ。主役の二人には黒くて深い河が流れてるんだけど、橋も掛かってるように見える。その辺に至る過程下さい(笑) なのでゴウ×タキより依頼されてから出てくる人達の方に切なくなる。ミチルちゃん編が良かった。
読了日:9月7日 著者:立野真琴
Yellow 2 (ビーボーイコミックス)Yellow 2 (ビーボーイコミックス)感想
アララ。寸止めェ(笑) タキは煽るだけ煽っといて(笑) ゴウ不憫。マスターとタキにはそれぞれ何かあるのね?
読了日:9月7日 著者:立野真琴
Yellow 3 (ビーボーイコミックス)Yellow 3 (ビーボーイコミックス)感想
なんてこった!これはハードな過去だなー。マスターも見ててツライ。ゴウが報われて良かったね!かーらーのーこの仕打ち。
読了日:9月7日 著者:立野真琴
Yellow 4 (ビーボーイコミックス)Yellow 4 (ビーボーイコミックス)感想
おぉ、大団円。みんなに希望が残されてて良い終わり方。あちらこちらに相棒が一杯。
読了日:9月7日 著者:立野真琴
未知との遭遇 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)未知との遭遇 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)感想
本田も渋谷も思考があっち行ったりこっち行ったりするのが楽しい。可愛よ渋谷!下着は奥深いよね!!
読了日:9月7日 著者:腰乃
男の子と恋 (IDコミックス gateauコミックス)男の子と恋 (IDコミックス gateauコミックス)感想
胸打つ言葉が多過ぎて始終ドキドキしてしまった。キュンともちょっと違う胸にストンとくるドキドキ。友達から一歩踏み出す時はこういう風になりがちだけど、それからのひろことの言い合いやあかりさんの登場や保さんの電話に愛が溢れてるのが感じられて勝手に涙が。隼人と巡の気持ち確かめ合う場面でもまたうるり。ラスト階段での巡の言葉に更に涙。
読了日:9月7日 著者:雲之助
不思議の国のアリス (新潮文庫)不思議の国のアリス (新潮文庫)感想
話し言葉だからかな?なかなか慣れないし読みにくい。じっくり読むと訳わからんくなってくる(笑) テンポを掴めば展開を楽しめた。そうか、こんなお話かー。
読了日:9月8日 著者:ルイスキャロル
君も知らない邪恋の果てに 花降楼シリーズ第一弾 (白泉社花丸文庫)君も知らない邪恋の果てに 花降楼シリーズ第一弾 (白泉社花丸文庫)感想
CDより。旺一郎がそこそこ大人でそこそこ子供っていう設定だから子供っぽい独占欲で必死になる様子が凄く良かった。で、意地の張り合いで気持ちは同じ方向向いてたのにすれ違っちゃってて。でも水揚げに間に合って良かった。山藤がとてもいい悪人っぷり(笑)昼ドラを見ているよう。CDの旺一郎が大川さんだったのでもうちょい大人を想像してました(笑)
読了日:9月13日 著者:鈴木あみ
愛で痴れる夜の純情 花降楼シリーズ第二弾 (花丸文庫)愛で痴れる夜の純情 花降楼シリーズ第二弾 (花丸文庫)感想
自分の気持ちにも綺蝶の気持ちにも鈍感でお馬鹿な蜻蛉に腹が立つけど可愛いんだよ!綺蝶の気持ちがよーく分かる(笑)
読了日:9月13日 著者:鈴木あみ
夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)感想
育ちも良くて遊び方も上手な蘇武様が自分の前でだけ一途な様子(天然ビッチ)に、周囲に煽られながら惹かれていく様子がもうっ!忍が自分が相手の時だけは様子が違うってことを嬉しがる蘇武が良い。あー忍、可愛いよ。忍のビッチっぷり、原様の歪んだ愛情、椿のツンデレ、蘇武様の御曹司攻め!シリーズの中でも特に好きなお話。
読了日:9月13日 著者:鈴木あみ
婀娜めく華、手折られる罪 花降楼シリーズ第四弾 (白泉社花丸文庫)婀娜めく華、手折られる罪 花降楼シリーズ第四弾 (白泉社花丸文庫)感想
椿の活きの良さ、大好き!御門の義兄のアレをアレしちゃう椿が気持ちいい(笑)んでそんな椿が好きな御門も好きなんだよね。華やかな二人が凄く楽しい。
読了日:9月13日 著者:鈴木あみ
華園を遠く離れて 花降楼シリーズ第五弾 (白泉社花丸文庫)華園を遠く離れて 花降楼シリーズ第五弾 (白泉社花丸文庫)感想
自分たちの夢のためにすごく真面目にこつこつ頑張ってる蕗苳と旺一郎は特に幸せになって欲しいなぁ。綺蝶と蜻蛉編は綺蝶の独占欲爆発。お姫様も少しデレが増えて美味しい。御門は相変わらずな感じだけど、椿は姐さんが板に付いてきてて、我が道を行く姿が潔くて好き。んで、蘇武様と忍!!あーもう可愛い!いつもは「私なんか」とか言う人は嫌いなんだけど、この忍は蘇武に愛される事で自分に自信を持つ事が出来て、更に可愛くなっていくのがもうっ!蘇武様は良い愛し方をしているようだ!(笑) ほんとこの二人大好き。
読了日:9月13日 著者:鈴木あみ
少年メイド 1 (B’s LOG Comics)少年メイド 1 (B’s LOG Comics)感想
読友さんのオススメ。こういうお話好き。やむを得ず引き取られたお家でやむを得ずメイドのお仕事。最初は頑なだった心がだんだん緩んでくる様子はほっこり。
読了日:9月13日 著者:乙橘
サーバント×サービス(1) (ヤングガンガンコミックス)サーバント×サービス(1) (ヤングガンガンコミックス)感想
アニメより。あれ?ルーシー結構言葉遣い乱暴だね?(笑) どのキャラも好きだけど、千早好き。お馬鹿なルーシーも。で、長谷部可愛いよ長谷部。
読了日:9月16日 著者:高津カリノ
サーバント×サービス(2) (ヤングガンガンコミックス)サーバント×サービス(2) (ヤングガンガンコミックス)感想
アホなルーシーが好きな長谷部可愛いよ長谷部。ぐわぁ。キュンキュンする!結構計算高いチャラ男が本気で口説きにかかる様は良い!カッコつけてる感じがしないというか、本心フルオープンなとこが良い!!
読了日:9月16日 著者:高津カリノ
サーバント×サービス(3) (ヤングガンガンコミックス)サーバント×サービス(3) (ヤングガンガンコミックス)感想
おいおいなんだこいつら。長谷部に続きルーシーまでも!うちをキュン死にさす気か?デートでずっと可愛い可愛い言ってる長谷部が可愛い。かーらーのー名前の件(笑) 長谷部の気持ちは良く分かるけど、もういい加減にしとけよ?なんだけどそんだけ本気って事かと思うと気の毒過ぎる(笑)
読了日:9月16日 著者:高津カリノ
美丘 (角川文庫)美丘 (角川文庫)感想
心が痛い痛い。読み始めてすぐに美丘が亡くなることが明かされるからずっとその時が来るまで気を張って読んでいて、でもいざその時が来てもそれまでの二人があまりにも二人だけの世界過ぎて傍観するしかなかった。だけど、解説を読み始めた途端に感情の糸が切れたようにブワッとこみ上げてきた。愛情についての思いを語る場面がとても印象的。
読了日:9月16日 著者:石田衣良
DVD付き ちはやふる(22)限定版 (Be・Loveコミックス)DVD付き ちはやふる(22)限定版 (Be・Loveコミックス)感想
ついに始まった挑戦者決定戦。新の取りはほんとに綺麗だと思う。なんで新を見てると勝手に胸が熱くなるんだろう。綿谷名人の乗り移った新はもう神懸かってる!原田先生までも飲み込んで新の流れに持ってきてる。新の穏やかな笑みにこちらは逆にざわざわ。でもそれでも原田先生は諦めない!全てを懸けてる原田先生は諦めない!体全体で取りに行ったかと思ったら、敵陣一字決まりを綺麗に抜いた!は、原田センセエェ!!カッコ良すぎ!メッチャ良いとこで終わっとんな!!綿谷名人と原田先生の若い頃がイケメン過ぎてKO。
読了日:9月19日 著者:末次由紀
ちはやふる(22) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(22) (Be・Loveコミックス)感想
限定版と紐付け。ついに始まった挑戦者決定戦。新の取りはほんとに綺麗だと思う。なんで新を見てると勝手に胸が熱くなるんだろう。綿谷名人の乗り移った新はもう神懸かってる!原田先生までも飲み込んで新の流れに持ってきてる。新の穏やかな笑みにこちらは逆にざわざわ。でもそれでも原田先生は諦めない!全てを懸けてる原田先生は諦めない!体全体で取りに行ったかと思ったら、敵陣一字決まりを綺麗に抜いた!は、原田センセエェ!!カッコ良すぎ!メッチャ良いとこで終わっとんな!!綿谷名人と原田先生の若い頃がイケメン過ぎてKO。
読了日:9月19日 著者:末次由紀
できちゃった家族 (スーパービーボーイコミックス)できちゃった家族 (スーパービーボーイコミックス)感想
全体的に可愛いお話。だけど、周りに迷惑がかかるので行くと言っておいて止めるのはやめよう。気持ちを試すのならもうちょい計算と段取りしよう。ツンデレ可愛いというお話(笑)
読了日:9月23日 著者:御景椿
愛で痴れる夜の純情 禿編 (花丸コミックス)愛で痴れる夜の純情 禿編 (花丸コミックス)感想
原作読んだのでこちらも。禿時代の二人の可愛さ!新造時代の蜻蛉の懐きっぷり!この頃は蜻蛉もまだ素直だった(笑) 水揚げされてからも喧嘩しながらでもお互いのこと好きあってるのが分かるから切ないし焦れる。綺蝶が鷹村に言った一言が気になるわぁ。
読了日:9月23日 著者:鈴木あみ
愛で痴れる夜の純情 傾城編 (花丸コミックス)愛で痴れる夜の純情 傾城編 (花丸コミックス)感想
素直じゃないアホな(綺蝶の掌の上(笑))蜻蛉に焦れ焦れ。展開が分かっていても絵で表情が分かる分、その時その時の二人の心情がより分かりやすくて良いです。デレ全開の楽屋裏が美味しかった!
読了日:9月23日 著者:鈴木あみ
新選組を旅する新選組を旅する感想
年表、幹部や主要人物の生い立ちやCGでの再現も分かりやすくてよかったです。新撰組ツアーするなら持って行きたい1冊。
読了日:9月23日 著者:
JUNON (ジュノン) 2013年 11月号JUNON (ジュノン) 2013年 11月号感想
あーだめだ。ちょっとこれヤヴァイやつ!枕に頭突っ込んでキャーって叫んださ!クローゼット行って旦那のスーツとシャツの中から似たやつ探してニヤニヤしたさ!もう、ワタシしばらくはどんな事されても許せるし、乗り越えられるわ。デスクで頭の後ろに手え回して考え事してる風な紘たんんんん!腕まくりに腕時計にメガネ。瞬殺。
読了日:9月23日 著者:

読書メーター
スポンサーサイト

category: ほんのこと。

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kepahana.blog.fc2.com/tb.php/224-57f0b63d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。