FC2ブログ

群青の羊

ただ好きなことを。本と音楽と声と猫と、その他諸々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

3月読書まとめ。  

年度末は忙しいね~。

そんな中だけど隙を見つけてちまちま読みました。

毎月言ってますが、読友さんのおかげで今月も良い本との出会いがありましたYO(≧▽≦)ゞ

「男の子には秘密がある」シリーズ
?シリーズって言っていいのかな(笑)
お色気です。←違うような間違ってないような

「下鴨アンティーク」
読メの感想は萌え萌えした感想になってしまったんだけども、アヤカシ的な要素もありとっても楽しめた作品。
是非とも続きが読みたい!!

ではいってみましょ~!

2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:35冊
読んだページ数:6333ページ
ナイス数:1026ナイス

Powder Snow Melancholy (バンブーコミックス Qpaコレクション)Powder Snow Melancholy (バンブーコミックス Qpaコレクション)感想
表紙素敵~!中の絵も大好き!成川の無表情の裏に隠されたむっつり最高だな(笑)各所に配置されたムラッムズッに笑う。信じてるからと言われて必死で我慢してる成川が愛おしいな!お互いの印象が悪いとそこからは上がっていくしかないのが良いよね。気になるから目に付く訳でそれが良いとこ見つけていくうちに自分の気持ちと(身体に(笑))ハマっていくのね。DVDの傷を見て気付く梁井とDVDを観て???ってなる成川に笑った。表紙絵がなんとも切なくてエロい表情をしてるけど、中身はそれとはまた違う楽しいお話。
読了日:3月3日 著者:束原さき
みやたけミラクル (KC デザート)みやたけミラクル (KC デザート)感想
読友さん借り本。んもうキュンキュンしたーー!!素直じゃなくて思ってることをうまく伝えられない十和子が、宮武のおかげでどんどん変わっていく過程が凄くいい。十和子がキレてくれる度にうちの心を代弁してくれてるようですっきりする(笑)宮武はなんだろうなこのキラキラ。修学旅行のしおり可愛すぎるだろ!余裕ある風に見せといて新堂兄妹にかかると実はそんなでもないっていうギャップに心惹かれる。唯一懸念してた家族との関係も素直になったことで良くなってきた感じなので安心。初っ端貸し借りしてた辞書が電子辞書だったことに衝撃。
読了日:3月3日 著者:芥文絵
進撃の巨人(14) (講談社コミックス)進撃の巨人(14) (講談社コミックス)感想
展開凄くて何からコメントしていいやら。レイス家とは・・・!アッカーマンとは・・・!
読了日:3月11日 著者:諫山創
進撃の巨人(15) (講談社コミックス)進撃の巨人(15) (講談社コミックス)感想
何という・・・!もう何なの・・・??
読了日:3月11日 著者:諫山創
男の子には秘密がある (KC デザート)男の子には秘密がある (KC デザート)感想
読友さん借り本。これは!めっちゃ好き!!何回読んでもドキドキして身が持たん。この表紙で分かるように色気も凄いんだけど、弱さとか可愛さとかいろんなものを持ち合わせてて。彼の内側を見ることが出来た人にだけ「秘密」があることが分かるんだよ。分かりやすい外側の大胆さと内側に隠された繊細な感情。あぁ、良いな! イチャつく場面では彼は大分甘えたなので、こんな男の子に愛されたらと妄想するだけで幸せ(笑)Eden、周りには理解されなくても本人同士だけに共有できる感情。こういう切ないお話は大好き。
読了日:3月11日 著者:薫原好江
男の子には秘密がある(2) (KC デザート)男の子には秘密がある(2) (KC デザート)感想
読友さん借り本。迅が佑帆を見つめる顔がどうしようもなく愛おしくてたまらん。一生のお願いスカイプの迅も可愛いし。佑帆父とのやり取りも男前。何かに賭けてる、覚悟の出来てる男の子には説得力があるんよな。佑帆父も切ない。二人に挟まれてた佑帆も流されずにちゃんと考えて答えが出せる子。お父さん、良い子に育てたねぇ。いっつも良いとこ持ってく京一さん好きだわ(笑)おまけの妄想迅、男子力低い迅、可愛すぎるだろ!!
読了日:3月11日 著者:薫原好江
14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に感想
この春中学生になる息子へ、視野を広く持って欲しくて購入。「内発的」という言葉が一番心に残った。鳥頭の私は専門用語が出てくる度に前述のページに戻って何度も読み返し(笑)でも読み切った最後にはその用語が簡潔にまとめられてあって反復学習の成果か何となくは頭に入った(様な気がする)。感染した記憶、今にして思えば私の感染源は今でもパワフルな叔母だったんではないかと思う。
読了日:3月11日 著者:宮台真司
キス・アンド・ライド(1) (KC デザート)キス・アンド・ライド(1) (KC デザート)感想
読友さん借り本。このシリーズ大好きだ!前作で名前だけ出てきた郡司の弟、将のお話。迅や京一のバックグラウンドも理解してるからなおのこと楽しい。ここでも京一は良いところで現われるな~(笑)苦労人壮太郎は良いメガネ男子ですね。翔の死が弟に及ぼした影響が今後明らかになっていくんだろうな。病院での夜や最後の方に見え隠れ。千代ちゃんと過ごすことで見えるゆっくしした世界が将にどんな変化をもたらすのか楽しみだな~。千代ちゃんの壁ドン妙な迫力で可愛い(笑)
読了日:3月13日 著者:薫原好江
密閉シーツ (KC デザート)密閉シーツ (KC デザート)感想
読友さん借り本。どのお話も男の子が素晴らしい!迷って迷って痛い思いも沢山するのに、自分の信じるものを見つけてからはまっすぐで強くて揺るがない。そんな男の子が好きになる女の子もその強さにふさわしい子たちばっかりなんだよね。青染めリビドーが一番好きで、菊が自転車で叫ぶ場面は胸が痛かった。
読了日:3月13日 著者:河原田瞳美
15秒だけ~I Know I’m faling (KC デザート)15秒だけ~I Know I’m faling (KC デザート)感想
読友さん借り本。短編集。各話に入り込むまでに過程と背景を理解する時間が欲しい私には、2話と3話はちょっと物足りなかったかな。君ってビッグが一番好き。ちょっとおバカな同級生のノリがいつまでも続く関係に凄く共感するもので(笑)
読了日:3月13日 著者:河原田瞳美
三神先生の愛し方(1) (講談社コミックス別冊フレンド)三神先生の愛し方(1) (講談社コミックス別冊フレンド)感想
読友さん借り本。よし来た年上黒髪変態、どんと来い。残念なイケメンが嗜好を凝らしていろんなシチュを作ってくれるので妄想がはかどります。焦らされてキレる展開は好きなので、温泉で三神がちゃんと我慢し、且つ年上の余裕も感じられて二度美味しかった。ただ、三神がなつめを好きになったきっかけが人違いだったとか、それでもなつめを好きな理由だとかが曖昧なのでその辺もう少し詳しく描いてくれたらな~。
読了日:3月13日 著者:相川ヒロ
百千さん家のあやかし王子 第1巻 (あすかコミックスDX)百千さん家のあやかし王子 第1巻 (あすかコミックスDX)感想
妖怪もの大好きな上に表紙絵に釣られて。絵がふつくしい・・・!鵺ふつくしい・・・!夜毎布団に入ってくるのはひと肌恋しいからかな。家から出られない葵、物語は始まったばかりだな!しかし、ひまりガン見してるのに、何故に僕の姿を見てはいけないよ、なのか(笑)あれか、ヒーロー達が変身する時に叫ぶやつか。
読了日:3月13日 著者:硝音あや
百千さん家のあやかし王子 第2巻 (あすかコミックスDX)百千さん家のあやかし王子 第2巻 (あすかコミックスDX)感想
葵がこの家から出られない理由はまだはっきりしないけど、迷い込んできた状況はとりあえず理解。一度知ってしまったぬくもりはなかなか手放せるものじゃないよね。一緒に風呂にーって言った時の葵の顔な、その手があったか!みたいな(笑)この巻の見所は美人三姉妹です(真顔)最後のページ、俺の鵺が俺の嫁に見えてしまって、そっから式神達を巻き込んだ妄想が・・・。おまけ、なんだかんだ理由を付けてお世話する紫さんに惚れました。
読了日:3月13日 著者:硝音あや
この音とまれ! 8 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 8 (ジャンプコミックス)感想
涼香ちゃん!!もうなんなのこの人!今この子達が一番欲しかった言葉よ、それ!自分の気持ちを自覚して迷う妃呂に掛ける言葉がまた!思ったことしか言えない人だからキツイ言葉になりがちだけどだからこそ信じられるんよね。武蔵もどんどん男前になっていくな。中身はもちろんだけど、前髪上げるの良いよ。武蔵が慕う先輩に嫉妬して八つ当たりした後に取る妃呂の行動には本当に成長したな~と。先輩との関係は武蔵が繋いでたのよねって思ったらまた泣けてきた。サネの失敗フラグは立ってなかった。良かった。 カバー下のみっつが!みっつが!!
読了日:3月13日 著者:アミュー
水玉ハニーボーイ 1 (花とゆめCOMICS)水玉ハニーボーイ 1 (花とゆめCOMICS)感想
読友さん借り本。本を開いてすぐに衝撃展開(笑)結構好きな設定ですよ、これは。オネエキャラって飄々として俯瞰で見てるイメージがあるけど、仙石さんを守るために一生懸命やってる藤君はとっても好感度高い。ぐいぐい押せるようになったらまた楽しくなるな~(笑) で、七緒な!(笑)ほんとこれこそ残念なイケメンだわ。登場したときはどんな当て馬になるのかと思いきやただのアホでした(誉めてます)
読了日:3月13日 著者:池ジュン子
KISS (マーガレットコミックス)KISS (マーガレットコミックス)感想
読友さん借り本。基本リツコのしたい様にさせてやろうっていう器の大きさが良いです。奪還に来たリツコを庇うヒロは男前ですな。 セレブなツンデレはちょっと面倒くさいですがちゃんと本気を出してぶつかってくれたし良いショタだったので良かったです。幼馴染兄弟のCPは両方いけすかないです。弟は私が引き取ります(真顔)
読了日:3月13日 著者:小森みっこ
乙女Holic 1 (マーガレットコミックス)乙女Holic 1 (マーガレットコミックス)感想
読友さん借り本。ふわわ~どっちかな~どっちに転ぶのかな~(ニヤニヤ)天然な優木もいいんだけど、思いもよらない女に嵌まってしまって混乱してる結もいいですな~(ニヤニヤ)莉子ちゃんは頑張りどころがズレてて可愛い。
読了日:3月13日 著者:小森みっこ
乙女Holic 2 (マーガレットコミックス)乙女Holic 2 (マーガレットコミックス)感想
読友さん借り本。あ~どっちかな~?(笑)莉子が孝弘の方を向いてるので結ちょっと劣勢かと思いきや押せ押せでいいね~!孝弘と結の関係とは・・・?キレる男達がイケメンでした。
読了日:3月13日 著者:小森みっこ
乙女Holic 3 (マーガレットコミックス)乙女Holic 3 (マーガレットコミックス)感想
読友さん借り本。これっこれは何というか、莉子はちゃんと選んだんだけれども。結果は出てしまったんだけども。どっちに転んでももったいないような気がしてきた・・・。どっちもありです!!(笑)は~キュンキュンした!! どっちの親も最低だ、にはスッキリした。
読了日:3月13日 著者:小森みっこ
僕の棺で晩餐を (花とゆめCOMICS)僕の棺で晩餐を (花とゆめCOMICS)感想
読友さん借り本。どれも何をどう選択しても訪れる切ないラスト。桐子と嘉陽はもう少し一緒にいられるのかな。人間としての最後の決断をするアウレリアが辛かった。
読了日:3月13日 著者:草川為
きぐるみ防衛隊(2) (KCx)きぐるみ防衛隊(2) (KCx)感想
読友さん借り本。いまさらだけど、リパーツががキスっていうの良い設定だな~。きぐるみ達がめっちゃ良い男だっていうのもあるけど、それぞれのCPで違ったドキドキが見れてそれだけでも満足できる。デートの後のキスもだし、のばらの秘密がばれた後のバジリコのギューっにもキュンキュンした!そのギューっに混ざりたい気持ちと二人を見守りたい気持ちの狭間で大分揺れ動いた(おとなしく見とけ)
読了日:3月16日 著者:星野リリィ
終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)感想
読友さん借り本。展開早くてちょっと待ってなんだけど、設定何となく理解。グレン中佐みたいな部下から困った人扱いされてそうな上司は大好き。シノアの的確なツッコミも良い。早速ミカちゃん生きてたけど、洗脳されてそうなやばい感じ。優ちゃん自分本位だけど結構簡単に仲間認定してて実は素直なのね。
読了日:3月16日 著者:山本ヤマト
終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス)感想
読友さん借り本。本開いてすぐにツッキー居て動揺。読み進めたら別のツッキーでした。グレンお父さん好きだ。ミカちゃんそんなことになってたとは・・・。
読了日:3月16日 著者:山本ヤマト
終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)感想
読友さん借り本。はわわミカちゃんそんなことになってたとは…。グレン隊がカッコイイ。ツッキー有能(笑)
読了日:3月17日 著者:山本ヤマト
終わりのセラフ 4 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 4 (ジャンプコミックス)感想
読友さん借り本。優ちゃん、ミカちゃんと再会。お互いがお互いを思う故にすれ違ってる。吸血鬼が悪だと思って読んでたけど、人間側も何やってんのー?救いはあるの?
読了日:3月17日 著者:山本ヤマト
終わりのセラフ 5 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 5 (ジャンプコミックス)感想
読友さん借り本。何なの人間側も全然一枚岩じゃないのね。柊家やシノアの姉とグレンとの関係。謎が増えるばかりだな。
読了日:3月17日 著者:山本ヤマト
終わりのセラフ 6 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 6 (ジャンプコミックス)感想
読友さん借り本。優ちゃんが寝てる間の突然の寸劇に笑った。うん、うちも同じこと考えてたよ(笑)いよいよ何が悪なのか分からんくなってきたなー。吸血鬼は強いけど家畜として人間が必要だから全滅させられない、人間は吸血鬼よりも弱いけど力さえあれば人間だけの世の中が作れる、と。クルルは何考えてんのかな。ミカちゃんと優ちゃんに固執するのは終わりのセラフの為か。一体何なんだー?ツッキーの強いところもっと見たいな。
読了日:3月18日 著者:山本ヤマト
終わりのセラフ 7 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 7 (ジャンプコミックス)感想
読友さん借り本。うちの中の優ちゃんのキャラがどうにもブレているので立ち位置がハッキリしなくてイマイチ入り込めないなぁ。ミカちゃんは性格も目的も分かりやすい。人としての感情と吸血鬼の本能の間の葛藤が辛い。それよりツッキーやグレン隊見てるのが楽しい。バトルのグレン隊の連携、もっと見たい!
読了日:3月18日 著者:山本ヤマト
切っ先3寸 (花とゆめCOMICS)切っ先3寸 (花とゆめCOMICS)感想
これはいい青春剣道マンガ。佐々がデレたときがむちゃ可愛い(笑)んで畑がもう!!普段の遠慮しぃで気弱な畑主将が剣道する時(スイッチ入ったら)には人が変わった様にかっこよくなるの!しかも天然。ああ美味しい。途中の4コマでしま子とのフラグへし折られたので、岡ちゃんと良いケンカップルに。わざわざあいつがいるからと敬遠したのに同じ高校とかもうそれ運命だから。せっかく佐々がヤサオに懐いたんだから続きも読みたいな~!
読了日:3月23日 著者:氷堂涼二
下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)感想
読友さん借り本。うわぁ~もうキュンキュンした~!アンティークの着物に憑いている想いを昇華させる為に奔走する鹿乃、年相応で擦れてない思考と粋なお祖母ちゃんに育てられたセンスがあって凄く可愛い。慧に対する想いも育ってきてはいるんだけど、横槍も入りそうで。決定打が無いから逆に未来が広がってて良いかも。慧は自分の気持ちに引っかかりつつ保護者的な方に気持ちを持って行こうとしててアララなんだけど、多分これから鹿乃と春野が仲良くしてるとこを見せつけられて、引っかかりがどんどん大きくなってしまうに違いない(ニヤニヤ)そして芙二子さん!なんて可愛い人なんだ!むっちゃ可愛いツンデレ!(笑)更に健次郎さんの包容力というか余裕がね!キザなんだけど、芙二子さんのデレを目いっぱい引き出す凄い人!サブタイトルに惹かれて読ませていただいたのだけど、それ以上に日本の色んな文化を知れて勉強にもなった!星を詠んだ歌が少ないというのには、確かに!!って思った。
読了日:3月24日 著者:白川紺子
ハイキュー! !  ショーセツバン! ! (JUMP j BOOKS)ハイキュー! ! ショーセツバン! ! (JUMP j BOOKS)感想
あの合宿の裏側ではこんな楽しい事になってたのか~(笑)当然のことながら本編ともリンクしてて、菅原の決意表明までの想いはこれ読んで本編読み返すと更に厚みが出て胸が熱くなるな。
読了日:3月24日 著者:古舘春一
ハイキュー! ! ショーセツバン! !  II (JUMP j BOOKS)ハイキュー! ! ショーセツバン! ! II (JUMP j BOOKS)感想
あの日の裏では何が起こっていたか、第二弾。もう一回本編読まなきゃ。主将として不安な所を見せまいと頑張る澤村、見守るスガ、焦る東峰。長男次男三男(笑)道宮の壮行会のスピーチは胸アツ。描写は無かったけど結ちゃんはきっと涙目だったに違いない。てか私が涙目。サプライズも何だかんだ言いながら付き合う縁下とツッキー愛おしいな。教頭に咎められて自分のせいにする澤村お父さんマジお父さん。ウザ川に容赦ない岩ちゃんにゴロンゴロンし、クロが主将(おかん)っぷりを発揮するだけで昇天しかけた。危ない危ない。
読了日:3月26日 著者:古舘春一,星希代子
ウユニ塩湖 世界一の「奇跡」と呼ばれた絶景ウユニ塩湖 世界一の「奇跡」と呼ばれた絶景感想
いつか、必ず行くと決めているウユニ塩湖。どれもこれも見てるだけでドキドキしてくる。行くなら雨季だと思っていたけど、何度も行けるなら乾季にも行ってみたいと思わせる写真やコメントが載っていた。旅行ガイドも付いてるのでシュミレーションがはかどるはかどる(笑)ここへ行く時は一人、もしくは気の置けない友達と行こうと思っていたけど一番最後のショートストーリーを読んで旦那と行くのも悪くないかもと思った。実際に行くのは子供達の独り立ちを見届けてからになるだろうと思うけど、死ぬまでに必ずこの地に立ちたい。
読了日:3月31日 著者:
世界の極上絶景・秘境―一人でも行ける地球の奇跡の光景セレクション (SAKURA・MOOK 66)世界の極上絶景・秘境―一人でも行ける地球の奇跡の光景セレクション (SAKURA・MOOK 66)感想
この世界にはどんな絶景があるんだろう、行ってみたい!と思う人へのとっかかりには良いと思います。ただ、各場所の紹介や写真が少し少ないので、自分の行きたい場所を見つけたら詳しく書かれた別のもう一冊を手にとってしまうと思う(笑)行ってみたくなったのはアンテロープキャニオン、ティルヴァナンタプラム。絶景というのとはちょっと違うと思うけど、チャンドバオリの階段井戸、初めて知った。鳥肌。
読了日:3月31日 著者:
もやしもん(13)<完> (モーニング KC)もやしもん(13)<完> (モーニング KC)感想
うん、大団「円」!全てはこの為に!つか、これたかだか一年間のお話だったんだよね!?いろんなことがありすぎてそんな短い期間のお話だったとは思えんなぁ。でもこの一年で皆お互いが刺激し合って凄く成長したな。螢は頼ることが覚えたり、直保は菌が見える自分との付き合い方を覚えたり。美里と遥が微笑ましすぎるビール半分燗1本の遥がね!その後の美里の額の絆創膏!いやぁ良かった(笑)見開きの樹先生と菌達とのファースト(?)コンタクト、上から目線の菌達がとっても可愛らしいし、先生の感動っぷりが伝わってくる良いページでした。
読了日:3月31日 著者:石川雅之

読書メーター
スポンサーサイト

category: ほんのこと。

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kepahana.blog.fc2.com/tb.php/308-9552196d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。